美容クリニックで治療しよう【様々ある小顔になる方法】

メスいらずですっきりと

鏡を見る婦人

人気のプチ整形

近年美容整形を受ける人が多くなっていますが、その背景にメスを使わない施術の増加があるのではないでしょうか。一昔前であればメスを使用した施術が主流であり大掛かりな施術が多いイメージでしたが、近年ではメスを使わず手軽に受けることが出来る施術が多くなっています。その中でも注射器だけで簡単に小顔になることが出来るプチ小顔形成が大変人気です。このプチ小顔形成はボトックスを使用した施術であり、筋肉が原因で大きく見えている顔を小さくすることが出来ます。顔の筋肉が発達してしまうとその部分がボコッと膨らんでしまいます。エラ張りがその例であり、ボトックス注射により筋肉を小さくすることですっきりとしたフェイスラインをメスいらずでつくることが出来るでしょう。小顔形成ではメスを使って骨を削り顔を小さくしたり、様々な施術がありますが、その中でもボトックス注射は小顔になる方法の中で最も簡単な施術になっています。メスを使った施術ではダウンタイムを長く取る必要があるなど、施術後ある程度腫れが治まるまで期間を要します。しかしボトックス注射はその様なダウンタイムがほとんど無く、翌日もいつも通り出勤や通学をすることが出来るでしょう。小顔になる方法はいくつもありますが、その中でもリーズナブルに施術を受けることが出来、非常に手軽な施術となっています。美容整形を受ける場合、大きな変化を手に入れることが出来ますが、施術を受けたことを他の人にバレてしまうリスクがあります。ボトックス注射はゆっくり効果が現れるため、そのリスクも低く他の人に施術を受けたことがバレにくい施術です。小顔になる方法でも手軽なボトックス注射ですが、施術後いくつか気をつけなければいけないことがあります。まず施術後患部を強く圧迫する様なことはやめましょう。せっかくボトックスを注入したのに患部を圧迫してしまうとボトックスが他の部分にまで広がってしまう恐れがあります。そのため、患部をまくらで圧迫してしまったり手で押して圧迫しない様に施術後すぐは特に注意しましょう。また、腫れや赤みなど出てしまう場合もありますが、そこまで大きな腫れや赤みは出ないのでそこまで気にする必要はありません。施術後の肌は非常にデリケートな状態になっているのであまり触らない様にしましょう。ボトックス注射の効果は最大になるまでに数週間掛ります。すぐに効果が現れる訳ではないので、焦らずゆっくり待ちましょう。つい焦ってしまい患部を触りたくなってしまいますがそこは我慢です。その他の注意点としては施術後まれに副作用として筋肉の動きが強く抑制されすぎてしまい表情が出しにくいなど違和感を覚える場合があります。効果が薄れれば症状も改善しますが、もし気になる症状がある場合はクリニックに相談しましょう。誰もが憧れる小顔ですが、ボトックス注射であればメスを使用せずに高い効果を得ることが出来るため、小顔になる方法の中でも多くの人に選ばれています。施術自体は10分程度と大変短く、スケジュール調整もしやすくなっています。ダウンタイムも少ないことから休みなど取る必要もなく、すぐにいつも通りの生活の戻ることが出来るのでおすすめです。